ドライフードをふやかしてから与えよう

ドッグフードはどのようにあげていますか?それぞれに買主の方針がありますし、あるいはよく考えずにそのまま与えている人も多いでしょう。実はドッグフードはふやかしてあげるメリットもあるのです。

・ドッグフードをふやかしてあげる
子犬や年を取った犬は歯も弱くなり消化機能にも問題があります。そのような愛犬にはドッグフードをふやかして与える事が大事になります。実は犬はもともとすり潰すという歯の機能を持っていません。

ですから、成犬であったとしてもドライフードなどはふやかして与える方がいいのです。ドライフードの場合は水分をあまり含んでいません。ですから、自分の体液を利用してい消化するようになります。この事により血液がドロドロになるという不都合が起こります。

これでは血管の障害なども発生しやすくなります。健康上の事が心配されます。また便秘気味である犬もいますので、このような犬にもふやかして水分が多めのドッグフードを与えましょう。それに加えて腸の蠕動運動をしっかりとできるように運動もさせましょう。
愛犬の健康ためには一工夫してあげる事も大事です。

・ドッグフードのふやかし方
ドッグフードはどのようにふやかせばいいのでしょうか。それは水あるいはぬるま湯を使います。熱湯ではいけない理由はドッグフードの成分の中には熱に弱いものが入っています。

ですから、栄養素を破壊されてしまう事を防がないといけません。せっかく犬のために考案されているドッグフードの栄養分を壊していたのでは意味がありません。湯冷まし、あるいは水でふやかすのが基本になります。
それに犬は口に入れたものをそのまま飲み込む習性があります。
ですから熱湯でふやかしていては火傷の心配も出てきます。熱湯を使う時には必ずフードを冷ましてから、あげるようにしましょう。

猫舌と言いますが、実は犬も猫舌なのです。熱いものを熱いままに食べた時においしいと感じるのは人間だけです。動物の場合は熱いものをそのまま食べるという習慣はありません。

また、ドッグフードの中にはなかなかふやけてくれないものもあります。そんな時には袋に入れてからすりこぎなどを使って叩き、多少細かくしてからふやかすようにするといいでしょう。

ウエットタイプは時々でドライフードを常食にするのがスタンダードな餌のあげかたです。
特に歯や消化機能が弱くなっている愛犬の事を考えればドライフードをふやかして与える事が大事です。 

自分のえさのあげかたで思い当たる事はありませんか。気になる人は改善してあげましょう。

あわせて読みたい