愛犬のダイエットに適したドッグフードは?

犬の肥満も人間と同じようにいろいろな病気を引き起こす原因になります。
犬が肥満になるのは基本的に飼い主の責任です。ダイエットするためにはいろいろな方法が考えられますが、ここでは主にドッグフードについて解説していきます。

・ドッグフードを見直してみる
まず、考えたいのは摂取カロリーを減らす事です。ダイエットの基本は食べる量を減らす事とカロリーを落とす事にあります。ですが、人間でもそうですが、ただ単に摂取エネルギーを減らして痩せる事ができても不健康に痩せたのでは意味がないのです。

犬も同様に健康的にダイエットしないといけません。そこで重要になるのは体に大事になる栄養分はしっかりと摂取してそのうえで痩せる事です。ですが、人間とは違い、犬は自分からダイエットをしようとはしません。
極端に量を減らしてしまうと、満腹感を感じる事が出来ずに異物を口にしたり、便を食べるようになる事があります。犬の便は綺麗なものではないですから、食べさせない方がいいのです。
また量を減らした事によりカロリーは落ちますが、体を維持していくために必要になる栄養素も不足してしまいます。カロリーが減ってもお腹を満たして、必要になる栄養素も摂取できる事が重要です。

・品質は大丈夫か
市販されているダイエットフードは確かにカロリーが抑えてありますが、過剰に低脂肪になっているのが多いのが欠点です。ではダイエットに向いているドッグフードは何でしょうか。

・お勧めのドッグフード
お勧めできるドッグフードとしてはアランズナチュラルドッグフードです。このフードは高蛋白質で低脂肪になります。毛づやを維持して筋肉量も減る事が無く、脂肪を燃焼させながらダイエットをする事ができる優れものです。
また繊維を人工的に増している減量用のドッグフードもありますが、薬品で取り出された食物繊維を使用している事があります。対してアランズナチュラルドッグフードの場合は無添加でヒューマングレードです。

・運動も大事なる
ダイエットするためには食事を気を付ける事は当然ですが、それだけではありません。大事になるのは運動です。散歩をしたり、ドッグランで遊んだり、フリスビーを使うなど運動をさせましょう。 

散歩の時間は小型犬の場合には30分ほど、中型や大型の犬の場合には1時間程度が目安になります。ダイエットをするためにはこれよりも少し長めに運動させましょう。愛犬の肥満は健康上の問題を引き起こす原因になりえます。

愛犬の命を守るのも飼い主の役目です。かわいい愛犬の事を甘やかしたくなる自分にムチを打ち自分に厳しくするところはしないといけません。飼い主次第で犬は肥満にも健康体にもなるのです。

あわせて読みたい