ドッグフードの特徴と選ぶポイントについて

ドッグフードと言っても多くの種類があります。市販されているドッグフードの数だけそれぞれの特徴が異なるので、ドッグフード選びはしっかり考えて行う事が肝要です。

犬を飼われている上で、愛犬家である以上は、犬の嗜好や健康などを考えて少しでもすべてを叶えているドッグフードを選びたいと思う事は当然です。ドッグフードを選ぶ上では人間の食事に少しでも近い生肉や野菜中心とした手作り食事に近いフードがベストです。

手作り感を再現した生食系の製品も少なくないです。ウェットタイプのドックフードとされており、水分含有率も高く、食べやすさから食いつきも良く、保存も缶詰になっているのが主流です。中身としては肉や魚などの食材がペースト状に加工されている特徴があります。

他にも穀物を一切使用されていない輸入ドッグフードも人気を集めています。犬の中には穀物アレルギー体質を持っているケースもあるので健康を考えている愛犬家に好まれています。ドッグフードを選ぶ上では、パッケージなどを見て、含有成分などをチェックして選ぶ事が良いです。不安であれば、販売店や獣医などに確認する事で安心して利用する事が出来ます。穀物類に対して食事制限を要する犬にマッチしたドッグフードです。優れた保存性がメリットのドライ系のドッグフードや赤ちゃん犬用、老犬など飼い主側の事情や犬の年齢や種類に応じたドッグフードがより細分化される形で販売されています。

ドッグフードに対して高級志向の愛犬家には、素材にこだわったオーガニックドッグフードなどが人気を集めています。赤ちゃん犬用のドッグフードは成長に必要な高カロリーなドッグフードになっていて、老犬の場合は年齢と共に衰える骨や筋肉の維持強度を考えた成分が配合されています。ドッグフードは犬の種類によってベストな栄養配分が施された製品も多く市販されています。パッケージを見るとそれぞれの犬専用と表記されていて、分かりやすくドッグフードを購入する事が出来ます。犬別ではなく、小型犬や中型犬、大型犬などに分けられて販売されているドッグフードもあります。自身の飼育している犬の大きさを理解しておくことが必要になります。

犬を飼い始めた方などは、ドッグフード選びも悩みのポイントになる事が多いので、犬に種類や大きさの専用ドッグフードを選ぶ事がおすすめです。

犬を飼育される上では、犬の年齢や種類、嗜好などを考えてドッグフードを選ぶ事が良いです。

あわせて読みたい